welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 2017年 バリ島 旅行記 (その5) バリコレクション/ ウルワツ寺院編 

4日目朝、Tさんがヨガに行っている間に私は今日もプールからスタート。本日は夕方からオプションに含まれているウルワツ寺院に行くので午前中にお土産を探しにバリコレクションに行く予定です。

samabe bali 9

バリコレクションはヌサドゥアのビーチ近くにあるショッピングモールです。サマベ・バリの宿泊者はシャトルバスが無料で利用できるので事前にバトラーさんに何時のバスに乗りたいかさえ言っておけば手配してくれます。

samabe bali 6

バトラーさんといえば、サマベ・バリには何人か日本語ができるスタッフがいます。ジミーというバトラーさんはかなり日本語が上手。常にいるわけではないけれども要所要所でお世話になりました。

samabe bali 5

そしてウエイトレスの女の人も「おはようございま~す」と日本語であいさつと簡単な会話をしてくれます。ジミーちゃん曰く、オーストラリア、中国、他のアジアからの人が多く、日本人も6月は多く来たようです。

samabe bali 19

このホテルで初めて経験して良かったサービスが、各部屋に配備されていているバトラー直通の携帯電話(オールインクルーシブに含まれる)。例えばホテルのプールから電話でスパの予約をお願いして、レストランで折り返しの電話を待ち受けたりしました。つまり電話のために部屋に張り付いている必要がないのです。これはホテル外でも通話ができて、クタへ向かうタクシーの中でも通話ができたので超絶便利でした。(左はホテルの案内用タブレット)

samabe bali 4

さて、バリコレクション行のシャトルバスに乗り込みます。最初誰もいませんでしたが途中でリッツカールトンのお客を拾うためにホテル内に入ったのでプチ見学。リッツは建物がかなり立派で団体さんが多く見られる。車両のセキュリティーチェックも3人+犬まで使って厳重。リッツもよさそう。

バリコレクションに到着。バスを降りるとおねえさんが 「こんいちは~、よこそいらっしゃました~」 と迎えに出てくれる。おお、ここでも日本語が。「(ドアに)頭ぶつけてくださ~い」。それはどうなんだろう。

バリコレクションはそごうのデパートを中核に大小たくさんのショップとレストランが入っています。交渉して買い物するのが好きな人には1日楽しめそうなくらいお土産屋さんも多いです。

bali collection2

ブティックもありますが、先に述べた通りで服はお買い得ではありません。特にブランド品。ですが、裏ワザというか裏知識で、インドネシアはブランドものの工場があるため、そのアウトレット品が安く流れてます。ブランド名が消されたりしてますが、バーバリーやリプレイなど有名どころも見られました。ちなみに、バナリパのピマコットンTシャツ11.9万ルピア(約980円)、ポロシャツは18.9万ルピア(約1560円)でした。

bali collection3

こういうファクトリーアウトレットがどこで売っているかと言うと、実はスーパーマーケット。こちらで広く展開されているココスーパーマーケットという店でワゴンセール中でした。生活必需品はもちろんのこと、バラマキ系お土産などに最適のお菓子類も豊富で、うちの場合、ここに行けばすべてが揃う感じでした。明瞭会計、一気にものが見れるのでおすすめです。

bali collection1

午後にホテルに戻ってからクリスタルブルーでアフタヌーンティー。このとき食べたギリシャスタイルのハンバーガー、アメリカでGYROとかいって売ってる食べ物が激ウマだった!お腹も満足したのでウルワツに向かいます。

samabe bali 5

ウルワツへは想像と違って、他のツアー会社への委託ではなくホテル主催。なのでホテルの黒いミニバンとスタッフで。しかも他の人と一緒かと思いきや私達一組のみ!セレブ感満載!

皆からドラエモンとよばれている(見た目がコロコロしている)スタッフの運転で行きます。まあ、良くしゃべるのですが、独特のイントネーションもあり、3割くらいわからない。適当に答えていると、「コーヒーとティー、どっちが好き」というので、「お茶かな」って。

しばらく経って、ドラエモンが「じゃ、寄ってくね」と。ん?なんかコーヒー農園ポイところに立ち寄った。

bali coffee tea2

中に入ると別の人がジャコウネコの幻のコーヒーを作る過程を説明し、コーヒーとお茶のサンプルを飲めと言う。これは、、、

bali coffee tea

もう何千回やってますというウルトラスムースな流れ。見事な土産物屋攻撃。嵌められた?さっきの意味のないと思われた会話が導入部分で、どっち答えても結果が同じという。やりやがったなドラエモン!!おまえホテルのスタッフだろーが!

同行のツアー客がいれば「オラシラネ」って買わない事もできたのですが私らしかおらず完全にロックオンされている。屈辱感に苛まれながら一番安いコーヒーを買う。くそ、完全に油断していた。

後から来たアラブ系の客は満足そうに万単位で高いコーヒー買ってたので、心の澄んだ方には良いところに連れてってもらえてラッキーぐらいの話なのでしょう。

肝心のウルワツ寺院は寺の中に入れず。夕日や断崖はきれいなのですが、人大杉漣で一回行けばもういいやという感じ。

uluwat2.jpg

パワーアップした犬吠埼。

uluwat3.jpg

注意点としては夕方は渋滞もしますので早めに行くのが良いと思います。また空港と同じく、帰りにUberやブルーバードタクシーなど利用できないのでプライベートトランスポートで行くのがよいでしょう。

uluwat1.jpg

予定より1時間近く早く帰ったので、夕食後、Tさんはスパでアーユルベーダのトリートメント受ける事に。これもよかったらしいです。

明日は最終日
スポンサーサイト


2017/08/05 | 09:15
バリ島2017年

 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?