welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 永遠のヨギー ”ヨガをめぐる奇跡の旅” 


広島でも上映が始まったので、さっそく見に行きました。


永遠のヨギー  ”ヨガをめぐる奇跡の旅”
横川シネマ:8月22日(月)~9月7日(水)まで)





母国インドを離れ、西洋にヨガを広めた、

パラマハンサ・ヨガナンダ師の生涯と、その教えについて、

直接関わった方々やお弟子さん達のお話、

実際に残っている映像を通して、

ドキュメンタリータッチで、紹介されている映画です。



ヨガナンダ師が、アメリカでヨガを伝えていたのは、

ちょうど第一次世界大戦終戦後から、第二次世界大戦を経た、戦争や人種差別が激しかった時代。



ヨガとは、私とは、この世界とは、平和とは、愛とは…

いろんなメッセージが含まれ、考えさせられる内容でした。



シヴァナンダヨガTTC卒業生の方は、なんとなく懐かしい空気を感じるかも。

アシュラムで、上映される、ヴィシュヌデヴァナンダ師の映像と、似ているな~と思いました。


--------------------



映画の中で、心に残る言葉・場面はたくさんあったのですが、

特に印象的だったのは、ヨガナンダ師にも苦悩の時期があったということ。

世間から危険人物のような扱いを受け、苦しみ「ここに居るより、インドに帰りたい」という心の思いが強まるのですが、

その気持ちに流されず、「好きとか嫌いとか、快とか不快とか」で判断せず、

思いとどまり、

逆境であろうが、苦しかろうが、ヨガの本質を伝えるという「使命」を行い続けました。

そこから、ヨガナンダ師は、いわゆる悟りに到達していくんですね…。



そっか~・・・やっぱりそういうことなのかぁ・・・。←私の心の声



ヨガナンダ師とは、もちろん次元が違うことは承知の上ですが、

このくだり、

私自身、日常の中でよく自問自答することなので、心にズシットきたというか・・・

妙に腑に落ちました。

『心は、出来れば避けたい~、逃げたい~と思っているけど、

使命「命の使い方」として、「自分を成長させるチャンス」として、やるべき?

それとも、心の「避けたい~」に従って、やめるべき?』

おそらくどちらを選んでも、その時点では間違いではないこと、わかっているのですが・・・よく自問自答してます。

でも、この自問自答が起こる時は、だいたい「やるべき」時なんですよね

でも、自信が持てず、どうにか逃げる理由を探したいと思っている時(笑)



でも、ここ最近実感できるようになってきたのは、

避けず、向き合い、行動を起こせば、必ず悪いようにはならない、ということ。

いえ、結果的には、遠いところから、めぐりに巡って、最終的に、自分にとって良いことに繋がる、ということ。

人生振り返っても、長~い目で見れば、全てそうだった気がします。



そっか~・・・やっぱりそういうことなのかぁ・・・。←私の心の声



ヨガナンダ師も、苦しみを乗り越えて「偉大なるヨギー」と呼ばれる人になったのですね・・・。

もちろん、元々持っている素質もあると思いますし、私とは次元が違う、高いステージの話ですが^^;

勝手に親近感(笑)

彼の著書「あるヨギの自叙伝」は、

文字が小さく、分厚過ぎて、何度も読むのを挫折してるのですが、

今なら、読めるかも?



「私の言葉を鵜呑みにせず、自分の中で答えをみつけなさい」



多くの方に慕われ、彼が亡き今でも美しい瞑想センターは残り、お弟子さんもたくさんいらっしゃる、偉大な方ですが、

「私の言葉を信じなさい、従いなさい」ではないんですよね。

ヨガナンダ師の人生を表している言葉であり、

人生=ヨガの本質そのものを表している言葉だな~と思いました。

スポンサーサイト


2016/08/25 | 08:00
yogaコメント:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する


 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?