welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 ラスベガス’2016 中編(食事・ピラティス) 


ラスベガスは、世界中の大金持ちが集まる場所ということで、

一流シェフのお店や、世界各国の美味しいものがそろっているそう。

食べる気満々で、気になるレストランをチェックしていたのですが・・・


そんな勢いとは裏腹に、思うほど食べられませんでした・・・無念



何もかも量が多く、別腹も出動させられないくらい、常にお腹いっぱい・・・

1日1食で十分…となってしまっておりました




写真は少なく一部ですが、

例えば、ヴェネチアンホテル内に入っていある、Zefferino(ゼッフェリーノ)



イタリア、ジェノバの由緒あるレストランだそうで、評判も上々です。

日本の感覚で、ランチコースを頼めば、ちょっとずついろんな物が食べれるかな~と思ったのですが、

間違いでした。

前菜の時点で「これメインじゃないんですか!?」というボリューム

シーフードサラダも、ほぼシーフードです。葉っぱは?レタスやきゅうりは??野菜の方が少ないって、サラダじゃないよね…


2016DSC05392.jpg


美味しいのですが、メインのときには、二口くらいで、ごめんなさい、もうお腹いっぱいです(夫に食べてもうらことになるのですが、夫も毎度食べ過ぎになっていました・・・)


      2016DSC05398.jpg



ファッションショーモールの入り口付近にあるStrip Burgerの「ブルーチーズバーガー」は、

以前食べて好きになり、今回も食べに行ったのですが…

こんなに大きかったっけ⁉︎ハンバーガーだけで精一杯。サイドメニューまでは食べられませんでした・・・。

でも、ゴルゴンゾーラバーガーはやっぱり好きで、美味しかったです

2016DSC05350.jpg



パリスのMon Ami Gabi、スキニーパンケーキも、絶対食べるゾッ!と思っていたもので、プールでガシガシ泳いで、お腹を空かせていきました(笑)

クレープより厚味がありもっちり、パンケーキより薄い分、キャラメリーゼされたリンゴのお味が馴染む感覚、

シロップをかけないそのままが美味しくて、幸せでした

ただやっぱり、大きすぎ、多すぎです・・・。

隣の西洋人の方は、迷わずシロップを全部かけてペロリ。

いやいやいやいや・・・すごい食べっぷり羨ましいです・・・

2016DSC05521.jpg


また、ラスベガスに行ったら、一度は行った方がいいよ~と言われる、ホテルのバフェ(ブッフェ)は、

新しくできたコスモポリタンのWicked Spoonを選びました。

それは、スプーンのような小皿に、お料理が盛られているとのことで、ちょっとずつ、いろんなものが楽しめていいな~との思いからでした。

Wicked Spoon

いえいえいえいえ・・・スプーンでも、小皿でもないですから・・・

これ小さいフライパンでしょ?、くらいの量で、並べてあり、ここでもすぐお腹いっぱい(苦笑)



大好きなスウィーツコーナーはワクワクしましたが、気持ちとは裏腹に、胃腸は追いつかず・・・

          2016IMG_4394-1.jpg

すごいな~と思ったのは、グルテンフリーとかシュガーフリーのお菓子がたくさん並んでいたこと。

ベジタリアン料理などもメニューにあり、幅広く対応しているので、どの国の方も、食文化の方も、それぞれ楽しめるようになっていました。

          2016IMG_4393-1.jpg

ただ、Wicked Spoon全体のお味は、いまひとつ。

個人的には、パリスのバッフェが好きで、ウィーンや、ベラッジオのバッフェも印象よく記憶に残っています。







そんな食事事情でしたので、お腹を空かせるために、

毎朝、ガシガシ泳ぎ、ヨガ、ピラティス、しっかりしていました。


ヨガでは、食べる為に生きるのでは無く、生きる為に食べなさい、と教えられるのですが、

ごめんなさい^^;

思いっきり、食べる為に生きてました。





とにかく泳ぐ・・・

2016DSC05472.jpg


ひたすら泳ぐ・・・

2016DSC05471.jpg

足をつかずに折り返し、泳ぐ・・・

100m×2本+水中ウォーキング。行ったり来たり、息切れするくらい(笑)

2016DSC05478.jpg

ひと泳ぎしたら、ジャグジーで、ブクブクブクブク..。o○ …の、繰り返し。

        2016DSC05485.jpg

マンダリンオリエンタルホテルのプールです。




後半は、トランプタワーから、マンダリンオリエンタルホテルに移りました。

ここもトランプタワーと同じく、、近年新しく出来たホテル群の中の一つで、

ホテル街の中で唯一、部屋にヨガマットが常設されていて、ホテル内にはヨガスタジオがあったことから、選びました。

メイン通りのホテル街にある中では珍しい、カジノが設置されていないホテルで、静かに落ち着いて滞在できるという特徴もあります。

         2016DSC05423.jpg

ヨガやピラティスのクラスも開催されていて、活用させて頂いておりました

2016IMG_4369-1.jpg

プールの横に、ジムやエステ、ヨガスタジオが併設されたスペースがあり、

2016IMG_4370-1.jpg

景色よく、気持ちの良い空間で体を動かすことができます。

2016IMG_4374-1.jpg

吸ってー吐いてー

2016IMG_4376-1.jpg

吸ってー吐いてー

2016IMG_4378-1.jpg

吸ってー、吐いてー





ヨガやピラティスのクラスは、予約制で、

宿泊者は無料、外部の方も35ドルで受けることができるようになっています。

2016IMG_4396-1.jpg

ヨガを受ける気満々だったのですが、ちょうど私が滞在していた数日は、ヨガクラスが無く、

ピラティスにチャレンジです。

2016IMG_4363-1.jpg

器具を使うタイプのレッスンで、私は初めての体験でした。

最大6名まで。男女ともに参加可能。私が参加した時は、ホテル宿泊者の女性6名でした。

これが楽しくて楽しくて

2016IMG_4365-1.jpg

足をココにおいて、肩をココに置いて、手でこのゴムを引っ張って、バネで負荷を調節してと、言われるがままに、さまざまな動きをしていきます。

お腹も足もプルプルプルプル・・・効きます~

腹筋を使うとき、肩に力が入らないよう器具が補佐してくれますし、お尻を乗せている部分がスムーズに動くので、遊具で遊んでる感覚で、気持ちよく動けます。

楽しい~

・・・ふと思ったのですが、私、道具を使って動くことが好きなのかもしれません

2016IMG_4366-1.jpg

全然正しい姿勢になっていませんが・・・

先生も30代くらい?(私より若いのは確か)の女性の方で、優しく丁寧に指導してくださり、

写真も撮りましょうか?と

もっと受けたかったです。

器具を使うピラティスは、とても良い体験でした。この感覚、ヨガでも活かせそう




余談になりますが、経由したサンフランシスコ空港にも、ヨガルームが設置されています。

2016DSC05610.jpg

クラスが行われているわけではないのですが、朝5:00~夜11:30までスペースが解放されていて、自由に使えるようになっています。

ちょっと覗いてみたら、インド人の女性の方が、ヨガマットを敷いて前屈していらっしゃいました。

ちゃんと活用されていますね~。

ヨガが日常のあらゆる場面に、当たり前のように取り入れられていることを感じる一コマでした。



スポンサーサイト


2016/07/20 | 13:00
ラスベガス 2016コメント:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する


 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?