welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 精進料理塾 1月 

週末、広島市中区大手町にある普門寺さんで行われている「精進料理塾」に参加してきました
教えてくださるのは、副住職の吉村昇洋さん。
臨床心理士でもいらっしゃり、お寺でのイベントのみならず、テレビ、ラジオのご出演や、書籍の出版、雑誌などへの執筆など、幅広くご活躍されていらっしゃいます。
第1回目の酒蔵ヨガの時、講師としてご一緒させて頂いたのが、最初のご縁でした

IMG_3090-1.jpg

今回のメニューは、
●ルクルーゼで炊くご飯(三次の横谷米こしひかり)
●お吸い物(舞茸、豆腐、わかめ)
●大根ステーキ 梅に鶯
●お餅の白菜ロール
●大根の塩レモン漬け

精進料理とは…、=お坊さんが食べる動物性のものを使わない野菜料理、くらいにしか知りませんでしたが、
それはほんの一つの側面でしかないそうです。

精進料理とは、お料理を丁寧に作り、食材の扱い方、調理方法、食べ方など、決められたルール「作法」にのっとり食事をとることを通して、自分の心と体に向き合い、今この瞬間瞬間の行いを見つめ過ごす、修行の一つとしての「食事」のこと。
なので、フレンチ、イタリアン、中華、といったカテゴリーに並ぶ、お料理の種類というわけではなく、どちらかと言えば食事法=「行い」のことなんだそう。
まさに「ヨガ」と同じ道だと思いました。

おっしゃる通り、その作法から、本当に本当に多くの気付きがありました。

----------------------------------

調理は、まず「葦駄天」さまに手を合わせ、お経をあげてから始まります。

最初は、ご飯を炊くところから。
今回は、三次の「横谷米こしひかり」の精米仕立てをご用意してくださっていました。
お米を傷つけないよう、手首に近い手の平で、お米の表面を軽くこそげるように研いでいきます。
お米を研ぐだけでも、いろんなポイントが満載。中には、知っていたことなのにすっかり忘れて、実践できていなかったこともあり、改めて見直す良いきっかけになりました。
お米はやはり、ほぼ毎日食べるものですら、美味しく頂きたいものですね。

IMG_3069-1.jpg

米ぬかで、大根ステーキ用の大根を湯でながら、白菜ロールを作っていきます。

IMG_3070-1.jpg

白菜ロールの中味は、桜塩豆餅とお揚げ、金時にんじん。

IMG_3072-1.jpg

ルクルーゼでご飯を炊き、白菜ロールを煮、大根の表面に片栗粉をまぶし焼きます。
途中、茹でて焼いただけの大根や、お出汁を味見させて頂いたのですが、それだけですでに美味しい!!!
調味料無くても十分です

IMG_3080-1.jpg

盛り付けも美しく。
白菜ロールは、さくら塩豆の塩気と、お揚げのコク、そして優しいお出汁のとろみ餡が、絶妙でした。

IMG_3084-1.jpg

大根には、たたいた梅と鶯に見立てたわさび。これが合う合う。大根の甘みを引きたててくれていました。

IMG_3088-1.jpg

精米仕立てのご飯もピカピカに炊きあがり、その甘み、旨みを堪能しました。

IMG_3087-1.jpg

食事の前に、箸袋に書いてある「五観の偈」と言う、いわゆる食事をとる時の心構えを皆で読みあげます。
この食事が、多くの方の支えによって頂けることを知ることが大切であること、そして自分はこの食事を頂く資格があるか、自分の行いを問い直してみること、自分の中の貪欲さ、怒り、無知を知り、向き合うことが大切であることなど(まだありますが…)の意味合いが書かれています。
人は、当たり前のことほど意識が離れ、忘れがちである為、常に心に留めておけるよう、毎食読み上げるのだそう。
なるほど…。

IMG_3091-1.jpg

食べる時は、箸の扱い方、食器の扱い方の作法にのっとり、食べ物を口に入れたら、一旦箸を置き、手をお膝に置き、しっかりと咀嚼し味わいます。
おしゃべりをしてはいけません。
5分ほど、その作法をしっかり守り、自分に向き合いながら食べ、その中で何を感じるか、という時間をもちました。
その後は、皆さんでおしゃべりしながら、食べて良いですよ、と副住職がおしゃってくださり、
感じたことを皆でシェアしながら、楽しく頂いたのですが。

最初は、お箸の扱いすら難しく、思うように食べられませんでした(苦笑)
そんな中でも、食器を丁寧に扱うことで、そこに意識が集中します。「今」この瞬間の行いに向き合うことに繋がります。
たくさん咀嚼することで、その素材の味わいが、いつも以上に深く楽しめることに気がつきます。
自然と感謝の気持ちが湧き、幸福感に満たされます。
いろんなことを感じました。

その全てが興味深く、面白く、満たされたひとときでした。
副住職の「食材」も一つ一つ命であり、その命とも一期一会なんです、とのお言葉が深く印象に残っています。

また、ぜひ参加させて頂きたいと思います
ご興味を持たれた方、ご一緒にいかがでしょう

詳しくは、こちらをご覧くださいね  精進料理塾
スポンサーサイト


2015/01/26 | 23:08
culture lessonコメント:0トラックバック:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?