welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 第九ひろしま2014 

IMG_2956-1.jpg

師走もあと言う間に半ばを過ぎようとしていますね。

呼吸、浅くなっていませんか?^^

「第九ひろしま2014」に行ってきました。
初めてです。

生で聴くと、やはり感動しました。
音を生み出す人のエネルギーに。
広島交響楽団の皆さまの演奏と、1700人近く参加されていらっしゃたという団員の皆さまの歌声。

自由席の隅っこで、ひっそりと聴いていたのですが、
遠くに見えるステージの上の皆さま、
たくさんいらっしゃるそのお一人お一人に、違う人生があり…
それぞれのきっかけでこの参加を決め、
それぞれの思いを持ってこのステージの上に立っているのだろうな~と、
想像が広がり…

そんな方々が、今この瞬間は、どこの誰とか、職業とか、何が好きで何が嫌いとか、全て関係なく、
ただ歌うこと集中していて、
息を合わせ一つになっている、
それは、すごいことかも…
そんな思いが込み上げてきました。

ドイツ語で歌われるアン・ディー・フロイデの歌詞には「全ての人々は兄弟になる」とあり、
ひろしまから、人類の平等、平和を発信するメッセージが込められているのだそう。
アーチストの方々のコンサート会場も同じ感覚なのだと思いますが、
アーチストという分野に限らず、
良い波長を持つ音のエネルギーと、それを発する人のエネルギーは、
何かを変えるに十分な力が備わっていると感じました。

そして、もうひとつ。
お腹から声を出すって、とても健康的!
改めて感じました。

最近、お腹から声を出すことって、ありますか?
おしゃべりとは違う感覚です。

自然に、ゆったりとした深い呼吸になりますし、
それが自律神経のバランスを整えてくれることにも繋がります。
お腹や胸、背中の筋肉も使います。
姿勢が正しくなければ、声は出ませんので、背筋を伸ばします。
口も大きくあけ、表情は豊かになるでしょう。
くよくよした思いも、吹き飛びます。
何より、きっとご参加の皆さん、自分の内側に活力がみなぎるのを感じていらっしゃるはず…、

なんてことも思いながら、観賞してました(笑)

だって、皆さま、活き活きされていらっしゃっいましたもの。
楽しそう。
お若い方も、ご年輩の方も、男性も女性もみんな。

だから、キールタン、歌いましょ♪そこにも思いが繋がりました(笑)

実は、約3000人ほどの観客席側の私たちも、歌のサビの部分で、
なぜか起立して歌うことになってまして^^;(知らなかった…)
5000人のエネルギーが会場をいっぱいに広がった瞬間もありました。
(歌詞カードが配られ、開会前に、少しだけ練習するんです。^^)
最後は、ホタルのひかりを会場の皆全員で、大合唱。
気分は、一気に大晦日です(笑)

皆の心が、今この瞬間一つになっている、その空間は、とても心地良いものでした。

2015年まで、あと半月。心身ともに、気持ち良く新しい年を迎える準備、していきたいですね。
スポンサーサイト


2014/12/14 | 22:48
Diary

 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?