welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 桜下亭 

桜下亭トリュフ

イタリア アルバ産のオウタムトリュフと、白トリュフ、そしてオーストラリア産 黒トリュフ。

原型に近いこんな状態で、3種類のトリュフを一度に拝見したのは初めてです^^

休日のランチタイム、桜下亭に行ってきました。
海外旅行前は、いつもなんとなく「気をつけて行ってらっしゃいお食事会」の時間を家族が持ってくれます。

私は初めて伺ったのですが、静かに大人の時間を過ごす場所ですね。
昭和の名作庭家と言われた重森三玲の落ち着いた日本庭園を眺めながら、
大正和モダンの素敵な空間で、
厳選された食材で細部までこだわりを持って作られたお料理を頂く、五感全てで味わうなんとも贅沢なひとときとなりました
(使われている食器もとても素敵で、ワクワクしました。)

お店の雰囲気や、お料理の写真をいくつかアップしますね。
もしご興味があれば、続きをご覧になってみてくださませ~

 

門を入り石畳を通り玄関へ行く間に、桜の木やもみじがたくさんあります。
桜下亭外観

今はまだ夏の名残りを感じる緑鮮やかなお庭でしたが、季節が変わるごとに四季折々の風景を楽しめるのでしょうね。
桜下亭庭

重森三玲さん直筆の屋号。(確かオーナーさんがそうおっしゃってました^^)
桜下亭看板

襖や壁紙、ランプや家具、トイレの流し台までも、インテリアが、とても個性的で、
桜下亭室内

拝見させて頂くだけでもワクワクしました。
桜下亭室内3

シックでありながら、華やか・・・オシャレです~。
桜下亭室内2

お料理は、桜下亭スタンダードランチ。
トマトを食べて育った神石高原ポークのリエット
東城町の採れたて野菜添え、南瓜風味のマヨネーズソース
桜下亭前菜

パンは、小麦の味わいがしっかり味わえるブラウンブレッドとバターがたっぷりのデニッシュ系の2種類。
これ、買って帰りたいほど美味しかったです。(販売はしていないと言われましたが…)
20130922-1.jpg

お魚料理は、
銀聖(希少なシャケだそうです。)のクリスティアン焼き
焼き茄子のフォンデュ添え、カラマンシーヴィネガー風味
柑橘系のソースとトロッとした焼きナス、シャケの濃いお味が絶妙でした。
桜下亭魚料理

そして、お肉料理の前に、木箱に入ったトリュフが運ばれてきます^^
オプションでお肉料理に添えることができるそう。
「3種類ものトリュフをこういった形で見ることは、なかなか無いと思うので、見て、香ってと楽しんで頂くだけでもと思って」とお店の方がおっしゃっていました。添える場合は・・・
秋トリュフ +1,000円
黒トリュフ +2,000円
白トリュフ +3,000円
桜下亭トリュフ

もう一食分ランチができそうな白トリュフを頼む勇気はなかったのですが^^;
せっかくなので秋トリュフを添えてもらうことに。

秋トリュフ添え、広島県産黒毛和牛 厳選もも肉のロティ 原木椎茸入り エキスソース
原木椎茸のソースのお味が強かったからか(ソースは和テイストなとても好きなお味でした)
松茸やポルチーニ茸ほどはっきりとした香りを感じなかったのですが、ほんのり鼻にぬける独特なトリュフの香りを楽しみました。
桜下亭肉料理

デザートは、9月のお月見にちなみ、
3色だんごに見立てたぶどう(ブラックビート・シャインマスカット・ゴルビー)の3種と、
焼き菓子のぶどうアイス載せ。ぶどうのデザートワインを煮詰めたソースとともに。
桜下亭デザート2

お野菜もお魚もお肉も、塩やアイスにかかったソースまでも、一つ一つ厳選してるそうで、
全てに産地や生産者とシェフとオーナーのこだわりが感じられるので、
背筋を伸ばして、一口一口を目を閉じて味わわせて頂きました^^

スポンサーサイト
2013/09/23 | 20:09
foodsコメント:0トラックバック:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?