welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 ぶどう狩り&BBQ @ 西村ぶどう園 (広島 安芸高田市甲田町) 

P1030314.jpg
この週末は、夫の仕事仲間のレジャーに参加  いつもタイミングが合わず、参加できずにいたので、久々です
甲田町にある西村ぶどう園に行ってきました

ここは、ご夫婦で、減農薬・有機栽培に取り組み、ぶどうのありのままの姿や食の安心安全を伝えている、
ぶどう園なんです。

ぶどうは、どうしても落下防止剤やホルモン剤などを使わないと、デパートやスーパーで売られているような、粒のそろった大きな実にならないんだそう。もちろんそれらは、体に入っても害の無いものを使っているし、病気から守る為だったり、美味しいぶどうを食卓に届ける為の工夫の一つだったりするのですが、「自然」という視点からみると、それは「不自然」なんですよね・・・
        
        農園主からのメッセージ

それだけじゃなく、この農園主のご夫婦、おじちゃんとおばちゃんのお人柄の素敵なこと素晴らしいこと



おおらかで優しく、愛情深く、とても気持ちの良いご夫婦で  
今週末も、ものすごくたくさんの人が集まり、賑わっていたのですが、
減農薬・有機栽培や、美味しぶどうを求める以上に、このおじちゃん、おばちゃんのお人柄に、
惹かれてリピートしている人たち、引き寄せられている人たちが多いんだろうな・・・と、
私の心と体も、この方たちに作られているブドウなら、間違いなく喜ぶだろうな・・・と、感じました


P1030321.jpg

最初に、おじちゃんが、ぶどう園内の説明をしてくれます。
「屋根があるところがピオーネで、無いのが巨峰、こちらがハニーレッド。ホルモン剤や落下防止剤は使っておりませんので、形は悪いですが、味は美味しいです。袋がかかってますが、覗き穴があるので、そこから見て選んでください。どのぶどうがいいかは、あなたの感性です。一つお願いがあるのですが、子供が裸足で歩き回ることができるような、衛生面、安全面ともに安心なぶどう園にしたいので、食べ終わった皮は、気の根元に捨ててください。それが木の栄養にもなります。取ったけどまだ熟れて無くて美味しくなかったものなども木の根元に置いてください。時間は無制限です。出入りも自由なので、ここをきっかけに甲田の町を散策し、また戻ってきてくださることも出来ます。うちは、そんなぶどう園です」

まさに、皆の良心に任せた運営です。儲けや我欲などとは無縁なところで生きていらっしゃるご夫婦の所には、ごまかしたり、悪さしたりするような人は来ないようになっているのかもしれませんね・・・。そうであることを願います。

P1030310.jpg

人が入園するたび、笑顔で、何回も同じ説明を繰り返していらっしゃるので、私もその言葉をすっかり覚えてしまい、いつでもおじちゃんに代わって働けます(笑)

除草剤も使わないので、雑草も活き活き、バッタやカエルも活き活きしてました。

P1030311.jpg

おじちゃんの説明のとおり、覗き穴から見て、自分の感性にあったものを選んで収穫 
けっこう集中し、真剣です(笑)

P1030313.jpg

もちろん、食べ放題。
(持って帰りたい人は、最後に計り売りで、購入します。)

P1030312.jpg

熟しきっていないもの、小粒のものもありますが、それは、説明通り木の根元に戻し、熟したものを食べます。
果汁たっぷり、甘くて美味しい~
中には、木についたまま自然に干しぶどうになっているものもあり、これがまた最高に美味しく贅沢なお味なんです。

P1030315.jpg

十分ぶどうを楽しんだ後は、皆でBBQタイム。
ここは、道具や炭もおじちゃんが準備してくれるので、材料さえ持ち込めば、
BBQも楽しむことができます。

P1030318.jpg

さんまや、松茸、皮ごと炭で真っ黒に焼いたほくほくの玉ねぎや、焼きナス、美味しすぎです
P1030317.jpg

そして、またぶどうに戻る(笑)

秋の味覚と、おじちゃんおばちゃんと、そこに集まる人たちとの交流を楽しんだ、
心がほっこり喜ぶ、そんな1日となりました。

実は、夫や仕事仲間の皆は、今回2回目、前回がとても良かったので、今年も!
ということになったそうなのですが、それも納得。
また来年も、おじちゃんとおばちゃんに会いにいこうっと


スポンサーサイト
2012/09/10 | 11:08
Diaryコメント:0トラックバック:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?