welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 リカバリー 

ブログ主tomokaさんが6月頭からアメリカのヨガファームでATTCの研修に参加して留守にしています。
(7月頭ごろ?には先方からブログに復帰すると思われます)
それまで、夫の私が代わりにブログを鋭意?更新しております。
-------------------------------------------------------------------------

本格的にTさんからの連絡がなくなってきました。。
修行も最終局面に入っているのだと思います。

修行すると言えば、以前に、ベガスの lululemon でTさんがヨガウエアを見ていた時に、
私は暇なので店の備品をあさっていて、この写真を見つけたのですが、この人すごいですね。
どういうトレーニングを積んだのでしょう?


その時にTさんに教えてもらいました。 有名な、yogiだそうですね。

DM.jpg

ヨガするみなさんも、こういう感じを目指しているのでしょうか? 
家の2階の教室で、生徒の皆さんがこんなんなってたら時空を曲げてしまわないか心配です。
ヨガの道は深そうですね。

☆☆☆

今回もヨガとは全く関係なく、旅行の話で恐縮ですが、
またしてもカンクンからマイアミ経由でNYに行く時の事でした。
乗り継ぎ便に乗り遅れてしまいます。
マイアミには時間通り到着したのですが、入国審査場が激込みでした。

入国審査場


乗り継ぎがあるので早く抜けたいと思い、その中でも比較的短いラインに並びます。
マイアミの空港は、昼頃は審査場が常に混雑するそうです。

加えて、不法入国の疑いのある人が多いので、厳しくチェックされています。
マイアミの空港は、そのいわゆる「別室送り」の人が外から観察できるようになってました。
なんで、それを見て、「あは、かわいそうな人たち」と笑ってたのです。

それに天罰が下ったのか、私たちのラインがやたらと進みが遅いです。
途中、他のラインに並び替えようかとも思いましたが、他のラインには
新しく来た人がどんどん追加されていきます。
それでも他のラインにバンバン抜かれていき、最終的にはその一団の最後になってしまいました。
12~13人くらいの待ちでしたが、1時間以上近く待たされました。
私達のラインの審査官は、実はおばあちゃんで、他と比べてすごくスローだったのです。

おばあちゃん  「アメリカへようこそ!」
私          「…」

焦りと苛立ちの心境でしたが、そのおばあちゃんは関係なくやたら丁寧に審査してくれました。
これが、この列だけが比較的空いていた理由だと分かったのですが、もう後の祭りです。
もう運が悪かったと諦めるしかありません。

そんなこんなで、乗り継ぎカウンターに着いたのが乗り継ぎ便出発の5分前。
乗り継ぎカウンターのお姉さんは 「ん?乗れると思ってた?」 という顔でこちらを見ます。

次の便は3時間後・・・

前回に引き続き、マイアミの空港で足止めです。

☆☆☆

ただ、私は、この頃から子供の頃にかかった病気が軽く再発してしまい、
前回も少しお話しましたが、飛行機の写真を撮るのが楽しみになっていました。
各国を代表する色鮮やかなカラーリングや、グラフィックデザインに魅かれていたのです。

img105.jpg

マイアミは珍しいキャリアや機材が多く集まるので、その筋の人の間では天国とされています。
私は、これ幸いと思い切り楽しんだのですが、Tさんはさすがに、何もする事がなく、ご不満の様子でした。
(普通の人はそうです)

img112.jpg

☆☆☆

結局、予定より4時間ほど遅れてJFK入りします。
今回は、午前の飛行機なので、午後はNYを楽しむ予定しでした。
ですが、到着は夜近くなると、その日は使えない日になってしまいます。
損した気分ではありますが、まあ、審査官のおばあちゃんが悪かったということで。

当時はまだツアー旅行の方が安かったので、
エアとホテルの手配 + 空港からの送り迎えのついたパッケージ旅行を利用していました。
JFKに着いた時にツアー会社のお迎えの人の一言で私の立場が悪くなります。

「なんでラガーディアにしなかったんですか?(普通)そうだと思ってました」

次のNY行きはJFKが3時間後でしたが、近隣の空港であるラガーディア行きが
1時間後にあったと記憶しています。
乗り継ぎカウンターで係りの人に「本当にJFKでいいの?」って聞かれて
「そうだ」って自信満々で答えたのです。

JFKにお迎えが来るんだからJFKに行かないといけないんだろうと思ってました。
遅れるって電話するんだから、「ラガーディアに変更したからそっち来て」と言えばよかったのです。

不慣れな状況で焦ってたのかもしれません。これは明らかに私の失態です。

☆☆☆

JFKを出た頃には日が落ちかかています。いろんな意味でまずいです。
と、ふとある考えが頭をよぎり、ダメもとでお願いしてみます。

「ブルックリンブリッジから入ってもらえません?」

空港からマンハッタン島にはたいがい高速から地下トンネルを通るのですが、
独身時分にレンタカーで走っていて、夜、道に迷ってブルックリンブリッジから入った事があります。
当時はWTCがありましたが、橋に近づくにつれ、その二棟が覆いかぶさってくるように迫ってくる様は圧倒的で、
あまりの夜景の綺麗さに言葉を失った記憶があります。

幸い、バンには我々だけしか乗っていないし、どうせ夜になってしまったのなら
Tさんに、あの夜景を楽しんでもらおうと考えたのです。

「えーと、かなり遠回りになるのでウイリアムズ(バーグブリッジ)ならいいですけど、どうでしょう?」
「OKです」

ブルックリンから入るののにはかないませんが、これぞNYといった夜景が飛び込んできました。

ニューヨーク

ちょっと失態を挽回できたような気がしました。

旅行では、トラブルはつきものなので、それらとうまく付き合う事が大事だと思ったのです。
もちろんいまだにできているかは疑問ですが。。

☆☆☆

さて、今回で8回ほど書いた事になるのですが、あと何回くらいのエントリーになるのでしょうか。
恐る恐る6月のアクセス数を見てみたのですが、嬉しい事にこれまでと変化ナシでした!
私が書く事で、誰も来なくなったらどうしようかと心配してましたが、ひと安心です。
みなさんありがとうございます。

内容はともかく、きっちり更新だけは続け、Tさんに繋げたいと思います。

スポンサーサイト
2012/06/30 | 15:40
荒れ地のおっさんの唄コメント:0トラックバック:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?