welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 ひろしまヨガピース’11 その3 

swami ji 2
スワミ パラマートマナンダji 

今回、5日間にわたって行われたヴェーダーンタクラスでは、スワミ ダヤーナンダji の急な体調不慮のため、後継者であり愛弟子である、スワミ パラマートマナンダjiが、代わりにいらっしゃいました。

温かさを感じる優しい笑顔がとても印象的です。

初日のオープニングクラスで、スワミ パラマートマナンダが語られた「平和と思いやり」は、



昨年、スワミ ダヤーナンダjiが語られた「平和と思いやり」の内容と、ブレなく、ほぼ同じ内容でした。違うのは、例え話や、使われる言葉、話の進め方だけ。

「なんだ、同じ内容なら、何度も聞く必要ないかな~」と今、思われた方、いらっしゃいますか?^^
ヨガ哲学は、何度聞いても新しい発見、視点が生まれるんですよ

それは、聞いている私たちの今の状況で、感じることが違うから。
私は、昨年も受講し、今回が2回目でしたが、受ける感覚は、やはり違い、改めて面白いな~、なるほど~と思いました。
例え話や言葉が違う分、前回より、話もすんなり頭に入ってきます^^

「平和と思いやりは、すなわち一つ、同じことです」
「平和なところには、思いやりがあり、思いやりがあるところには、平和があります」
「私たちは、子供の頃から平和を求めています。皆、(心の)平和が欲しくて、行動しているのです。」
「結婚もそう、そして、その反対に見える行為、離婚ですら、平和な生活が欲しくて行うことなのです(笑いながら^^)」


穏やかな空気が流れる中、お話が始まりました。
起承転結がはっきりしていて、時にジョークを交えながら、スワミジのお話は、とても面白く引き込まれました。

「すべての生き物が自己中心的であることは、実は自然なことです」
 動物は、ただそうやって生きるために一生を終えますが、私たち人間は、精神を成長させることができます」
 

そのポイントは、やはり・・・・

「成長とは、与えることです」

「気持ちが重たくても、そうしたいと思わなくても、一歩踏み出し、行ってください」
「最初は、(思いやる)フリでもいい、繰り返し行っていくことで、だんだん自分の中に、本物の行いが育っていきます。それが、行いを自分で作るということ、そして成長するということです。」

「そのためには、全ての生き物に対して、繊細に気づく感性を養いましょう」
「私たちが真実を話す時も、その言葉によって誰かが傷つくかもしれないということを知っていると、謙虚になります。誰も傷つきませんように・・・その思いから思いやりが育まれます」


「それが、なかなか難しい・・・^^:」昨年も思いましたが・・・

頭のすみっこに、なんとなくそれがあるだけでも、違うんですよね・・・
今できなくても、ふとした瞬間に思い出し、点が線に繋がったり、腑に落ちたり。
そうすると、生活の中に小さな変化が起こったりします。

今回、スートラの話も面白かったです。

「人は、皆、自分の箱(先入観、価値観)を持っています。」
「他の人が、その箱の中に留まってる場合はいいのですが、箱からはみ出る人がいると、多くの人が、悩んだり、怒ったりします。そして落胆する」
「全ては、自分で自分を勝手に不幸にしています」
「他の人たちが、箱からはみ出てたとしても、ただ、それを受け入れてください」
「感情にながされ、主観で反応してしまう、自分自身をよ~く見てください。」
「自分の中に、何があるのか、ただ自分を観察してください」


かなり大雑把ですが・・・私の印象に残っていた一部を少しだけ書いてみました。

昨年と違った気持ちで、聞いていました。
きっと日常の体験とともに、だんだん染み入ってくるんだろうな~・・・と思っています。

スポンサーサイト
2011/05/17 | 17:00
ひろしまヨガピースコメント:0トラックバック:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?