welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 ACO先生WS レポート その2 

P1010198-2.jpg
ACO先生WSレポートの続きです。
第二モジュール(14:30-17:30)は、テンセグリティー・ビンヤサ フェーズ1

ACO先生が生み出したオリジナルメソッドのヴィンヤサです。
(ヴィンヤサとは、流れるように、連続してアーサナをとっていくこと。)

ブロックに乗って、アーサナを体感していくと聞いていたので、私にとっては初めての試み、わくわくしていました。



「テンセグリティー」とは、聞き慣れない言葉でしたが、
簡単に言うと、あらゆる方面からの「引っ張る力」により、ちょうど良い均衡を保つこと。

その意識を、アーサナ(ポーズ)に取り入れていくと、体は疲れず、常に均衡を保ち、気持ちよ~く動かせ、筋肉痛にもならないと。

そのイメージで、実際に体を動かしていきました。
「吸って、両手を上に~。今下からも引っ張られている力を感じて~・・・円を描くように~」

常に、天地左右裏表、あらゆる方向からテグスで引っ張られている気配を感じながら、太陽礼拝。
エネルギーに逆らわず、手足を回転させ、三角のポーズ(トリコナァーサナ)・・・と。

あら・・・不思議。
確かに、あらゆる方面から引っ張られているような意識を持つと、体がちょうど良いところで落ち着き、心地よい安定を感じる・・・気がしてきます。
そんな気がしてくると、本当に安定してくるから、面白い。

その後、仙骨にフォーカスした話と、動きに入り・・・・

テンセグリティーの感覚に、体が十分に慣れてきたところで、

ブロックの登場です。

その上に乗り、同じようにアーサナをとっていきました。

慣れない状態に、最初は、つい足に力が入りがちでしたが、足の力を抜き、体全体でバランスを取ろうと意識することで、安定感が増していきます。

「自分で、好きなように、アーサナを試してみて」とACO先生。

皆さんチャレンジャーで、いろいろ取り組んでいらっしゃいましたよ。
P1010200-2.jpg
新鮮な試みに、遊び心もくすぐられる、わくわくするような、楽しい時間でした。


それにしてもACO先生、全てがかっこ良すぎです。
左からKazue先生、Sachi先生、ACO先生、私(tomoka)。
o0640048010454165777-2.jpg
WS後の懇親会では、声がかれる程、笑い続ける会となりました^^
ACO先生、ナイトタイムは、WSのディタイムと一味違う魅力を見せてくれます(笑)

全6時間の長いWSでしたが、ご参加の皆様、ありがとうございました。

そしてACO先生、ありがとうございました。







ナマスヶ^^

スポンサーサイト
2010/03/15 | 23:48
yoga WS レポートコメント:0トラックバック:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?