welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 シヴァナンダリトリート@奈良 レポート 

P1000975-1.jpg
遅ればせながら(ばかりで、スミマセン・・・・)
昨年末12月23~24日、奈良で行われた、シータ由美子先生をお迎えしてのシヴァナンダヨガ リトリートのご報告です。

場所は、信貴山真言宗 朝護孫子寺 玉蔵院にて。
生駒の山の上にある、虎の張子が出迎えてくれる広~いお寺でした。



当日は、JR王寺駅に集合。
そこで待っていると、続々とヨガマットを持った参加者たちが改札をくぐってきます。
その風景に、なんだかワクワク。「こんにちは、どちらからですか?」そんな感じで会話が始まります。
奈良、京都、大阪、兵庫、福岡など、そして私は広島から生徒さんと二人で参加、今回30人弱くらいの参加者でした。

皆でタクシーに乗り込み、10分くらい山を登っていきます。
到着してからも更に階段を上り・・・・
P1000974-1.jpg
途中、記念写真^^このお寺は、今年の干支、寅に縁があるらしく、虎がたくさんいました。そしてまだまだ上っていきます・・・・
P1000977-1.jpg
・・・・と、「シヴァナンダヨーガ合宿ご一行様」と。おぉ~~~。
P1000978-1.jpg
そしてもっと上る~~~~
P1000997-1.jpg
本当に広~~いところです・・・・。
P1000999-1.jpg
やっと今回私たちが過ごす玉蔵院に到着。
P1000996-1.jpg
畳の大部屋に入ると、祭壇も準備され、そこには、アシュラムと同じ空気がありました。
シヴァナンダヨーガの創始者、スワミ シヴァナンダ(左)と初代アーサナの先生スワミ ビシュヌデバナンダ(右)、そしてヨギーには馴染みの深いヒンドゥー教の神々。(それぞれ愛とか義務とか勇気とか、象徴とされる意味があるんです)
P1000980-1.jpg
シヴァナンダヨガとは・・・とのお話から始まり、アーサナの時間に入っていきました。
シータ由美子先生のガイドは、優しい~心地良い声で進んでいきます。
どこに意識を持っていくか、どんな風に体を動かすか、イメージしやすい説明に、目を閉じたままどんどん集中しくことができました。すごい・・・。すごい心地良さ。呼吸がじわじわと深~くなっていくのを感じました。
きっと初めての方にも、すんなり理解できるものだったと思います。
P1000981-1.jpg
ちなみに今回の行程は、↓

12/23(祝・水)
 12:00~ 現地集合
 13:00~15:00 アーサナクラス
 16:00~18:00 サットサンガ(瞑想・キ-ルタン)
 18:00~  夕食

12/24(木)
 5:30     起床
 6:00~7:00 プラナヤーマ・サットサンガ
 7:00~   朝食
 8:00~9:30 講義
 (ラージャヨーガについて。現代社会に即した実践的なヨーガ゙の道を掘り下げていきます。ヒンドゥイズムの基礎知識に触れ、その後シヴァナンダヨーガの基本知識や4つのヨーガ゙の道を解説します。)
 10:00    解散予定

サットサンガとは、良い(人たち)の集まり、の意味で、シヴァナンダアシュラムでは、瞑想し、その後皆でキールタン(賛美歌のようなもの)を歌いまくります。
P1000993-1.jpg
ハルモニウムというアコーディオンのような楽器を弾きながら、シータ由美子先生がリードしてくれるので、私たちはそれを復唱するように歌っていきます。
これもヨガの道の一つ、心が無心になり、浄化されていきます。
P1000985-1.jpg
アシュラム滞在時も毎日行われていた、私の大好きな時間です。
P1000983-1.jpg
講話の時間では、難しい哲学的な内容も日常の場面と照らし合わせながら、シータ由美子先生が、ユーモアある例え話を交え、お話してくださいます。すんなり心に染み入る感覚、とてもわかりやす~いものでした。

先生が皆に投げかけられた質問の一つ「どんな女性がかっこいい?」と。
先生は「いつも機嫌のいい人じゃないかな~と思う」とおっしゃってました。
環境や状況に惑わされ、心が浮いたり沈んだりするのではなく、常に穏やかな静かな湖面のような心でいられる人・・・というような意味で。常にブレない自分を持つ、という感覚かな。
私もそう思います・・・が、なかなか難しいことで^^;だからヨガで健やかな心身を作り、強く、でも柔らかく、しなやかな人になりたいな~と思って続けているんだと思います。

夜の食事タイムは、皆で自己紹介をしながら、団欒。
P1000989-1.jpg
内容は、こんな感じ。精進料理です。
ここのお料理は美味しいとの評判を聞いていましたが、本当にその通りでしたよ!
P1000990-1.jpg

P1000991-1.jpg

P1000992-1.jpg
最初の集合場所から感じていたのですが、同じ思いで集まっているからか?「初対面」の感覚なく、話が弾むんです^^
次の日は、早朝5時半起きにもかからわず、23時頃まで、お菓子をつまみながら、皆でしゃべり続けてました。
まるで学生時代の修学旅行のようで。本当に楽しかった・・・・・

翌朝は、瞑想から始まり、キールタン、そして朝食です。
P1000995-1.jpg
最後は講話で、全プログラムが終わりました。たった一泊二日でしたが、終わる頃には、1週間くらい皆で一緒に過ごしたような気分になっていて、なんだかお別れが名残り惜しかった・・・・。

関西地区のシヴァナンダヨガTTC卒業生数人の方とも初対面叶いましたし、
何もかもが懐かしのアシュラムの感覚で、充実した時間を過ごすことができました。
こんな時間をもっと作っていけたらな~。
P1000986-2.jpg


シータ由美子先生、ご一緒した皆さん、ありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願いします^^またお会いしましょうね。


スポンサーサイト
2010/01/15 | 23:36
yoga WS レポートコメント:2トラックバック:0
 コメント 
知華先生、一緒に行っていただいてありがとうございました。
このブログ見ると、その時の状況を鮮明に思い出して、懐かしかったです。
そうそう!!って思いながら、読んでて嬉しくなりました。

すごくいい経験になったし、楽しかったですね(^◇^)
2010-01-18 月  09:05:53 |  URL | Midori #- [編集]
>Midoriさん、本当に楽しい時間でしたね。
また、ご一緒しましょう。

2010-01-18 月  22:07:51 |  URL | tomoka #- [編集]
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?