welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 ラスベガス’2016 後編(シルクドソレイユ) 

マンダリンオリエンタルホテルの部屋からの景色。


ラスべガスは、夜中まで賑やかです。


2016DSC05459.png


ショッピングモールは、21時頃まで開いているところが多く、

あちこちのBarからは、生バンドの演奏が聞こえてきます。

23:00過ぎても、NYNY(ホテル)のジェットコースターは動いているし、

カジノは、もちろん24時間営業。


2016DSC05569.jpg


通りには、あちこちに、スパイダーマンとか、ヨーダとか

仮装(?)してる人達や、裸に近いお姉さま方が立っていたり、歩いていたり。

どうやら、街ゆく観光客と一緒に写真を撮って、チップをもらっているようです・・・なるほど。

ぼったくられてそうですが ここはラスベガス、皆、楽しそうなので、OKなのでしょう。



2016IMG_4385-1.jpg

7月4日アメリカの独立記念日の前日は、あちこちで花火が上がっていました。



ーーーーーーーーーーーーーーーー




今回のラスベガスで、一番楽しみにしていたのは、シルクドソレイユのショーでした。


夜になると、あちこちにあるホテル内の劇場で各ショーが始まります。


2つ鑑賞したのですが、そのうちの一つが、


マイケルジャクソンの「ONE」


2016IMG_20160702_183103.jpg


もうこれだけで、ラスベガスに来て良かった・・・


また観たい・・・


3週間経とうとしてる今でも、まだその感覚が残っているほど、感動しました。




実は、マイケルのことはよく知りません。

曲は聞いたことはあるものの、曲名も詩の意味も知らず、

過去、マイケルにトキメイタこともありません。

ダンスはすごいけど、整形して変わっる人?

「ひゅー!」とか「ほーっ!」とか、ちょっと苦手なノリかな~というイメージ。




それにも関わらず、、、




1曲目、派手なレーザー光線とともに「Beat it 」が始まったとたん、号泣です。

涙が溢れ出し、止められません。



自分でも何が起こってるのか、なんで泣いてるのか、わからず、ビックリしました。




ーーーーーーーーーーーーーーーー




シルクドソレイユを初めて見たのは、ミスティアでした。

こんな世界もあるんだ!と衝撃を受け、

その後、O、KA、ビートルズと鑑賞しに行きました。


大きな水槽が舞台の「O」が特に印象深く…





シルクドソレイユ以外にも、オペラ座の怪人やブルーマンなども。

どれも素晴らしく、演出も舞台装置の規模も圧巻で、まばたきするのも惜しいと思うくらい、感動をもらっていました。

…が、泣いたことはありません。




心の・・・何に触れた?何が触れた?

研ぎ澄まされたダンスやパフォーマンス?

演出?

マイケルの曲?魂?

わからないまま、涙が溢れて、最後までグズグズでした。







帰国してからも、その感動が忘れられず、

マイケルジャクソンを検索せずにはいられません。

DVDまで貸して頂いて。

You tubeも見まくって。

マイケルって、もしかしてすごい人?

今さらですが、嵌ってます



2016IMG_4395-1.jpg



まさか、こんなことになるとは(笑)

何が起こるかわかりません。

見方が変わりました。





今回の旅行の、一番の衝撃でした。





ーーーーーーーーーーーーーーーー





もう一つは、15~16年前に初めて観た「ミスティア」を再び。

あの時確か、時差ボケの眠気と戦いながらの鑑賞だったんですよね・・・^^;


2016DSC05369.jpg



もう忘れていることも多いだろうと思っていましたが、意外と覚えていました。

前回は、まだヨガをしていなかった頃、

今回は、どうしてもヨガ哲学や解剖学的な世界観とともに観てしまいます(笑)



やっぱりすごいです。



皆、「今」に集中している人たちばかり。







ただ、、マイケルジャクソンのONEの衝撃が大き過ぎて、

ミスティアはちょっと薄れてしまいました


マイケルジャクソンのONE、2回目を見たら、どう感じるのだろう。

もし可能なら、試してみたいです・・・。





そんなラスベガス旅行でした。






スポンサーサイト
2016/07/23 | 13:00
ラスベガス 2016コメント:0

 ラスベガス’2016 中編(食事・ピラティス) 


ラスベガスは、世界中の大金持ちが集まる場所ということで、

一流シェフのお店や、世界各国の美味しいものがそろっているそう。

食べる気満々で、気になるレストランをチェックしていたのですが・・・


そんな勢いとは裏腹に、思うほど食べられませんでした・・・無念



何もかも量が多く、別腹も出動させられないくらい、常にお腹いっぱい・・・

1日1食で十分…となってしまっておりました




写真は少なく一部ですが、

例えば、ヴェネチアンホテル内に入っていある、Zefferino(ゼッフェリーノ)



イタリア、ジェノバの由緒あるレストランだそうで、評判も上々です。

日本の感覚で、ランチコースを頼めば、ちょっとずついろんな物が食べれるかな~と思ったのですが、

間違いでした。

前菜の時点で「これメインじゃないんですか!?」というボリューム

シーフードサラダも、ほぼシーフードです。葉っぱは?レタスやきゅうりは??野菜の方が少ないって、サラダじゃないよね…


2016DSC05392.jpg


美味しいのですが、メインのときには、二口くらいで、ごめんなさい、もうお腹いっぱいです(夫に食べてもうらことになるのですが、夫も毎度食べ過ぎになっていました・・・)


      2016DSC05398.jpg



ファッションショーモールの入り口付近にあるStrip Burgerの「ブルーチーズバーガー」は、

以前食べて好きになり、今回も食べに行ったのですが…

こんなに大きかったっけ⁉︎ハンバーガーだけで精一杯。サイドメニューまでは食べられませんでした・・・。

でも、ゴルゴンゾーラバーガーはやっぱり好きで、美味しかったです

2016DSC05350.jpg



パリスのMon Ami Gabi、スキニーパンケーキも、絶対食べるゾッ!と思っていたもので、プールでガシガシ泳いで、お腹を空かせていきました(笑)

クレープより厚味がありもっちり、パンケーキより薄い分、キャラメリーゼされたリンゴのお味が馴染む感覚、

シロップをかけないそのままが美味しくて、幸せでした

ただやっぱり、大きすぎ、多すぎです・・・。

隣の西洋人の方は、迷わずシロップを全部かけてペロリ。

いやいやいやいや・・・すごい食べっぷり羨ましいです・・・

2016DSC05521.jpg


また、ラスベガスに行ったら、一度は行った方がいいよ~と言われる、ホテルのバフェ(ブッフェ)は、

新しくできたコスモポリタンのWicked Spoonを選びました。

それは、スプーンのような小皿に、お料理が盛られているとのことで、ちょっとずつ、いろんなものが楽しめていいな~との思いからでした。

Wicked Spoon

いえいえいえいえ・・・スプーンでも、小皿でもないですから・・・

これ小さいフライパンでしょ?、くらいの量で、並べてあり、ここでもすぐお腹いっぱい(苦笑)



大好きなスウィーツコーナーはワクワクしましたが、気持ちとは裏腹に、胃腸は追いつかず・・・

          2016IMG_4394-1.jpg

すごいな~と思ったのは、グルテンフリーとかシュガーフリーのお菓子がたくさん並んでいたこと。

ベジタリアン料理などもメニューにあり、幅広く対応しているので、どの国の方も、食文化の方も、それぞれ楽しめるようになっていました。

          2016IMG_4393-1.jpg

ただ、Wicked Spoon全体のお味は、いまひとつ。

個人的には、パリスのバッフェが好きで、ウィーンや、ベラッジオのバッフェも印象よく記憶に残っています。







そんな食事事情でしたので、お腹を空かせるために、

毎朝、ガシガシ泳ぎ、ヨガ、ピラティス、しっかりしていました。


ヨガでは、食べる為に生きるのでは無く、生きる為に食べなさい、と教えられるのですが、

ごめんなさい^^;

思いっきり、食べる為に生きてました。





とにかく泳ぐ・・・

2016DSC05472.jpg


ひたすら泳ぐ・・・

2016DSC05471.jpg

足をつかずに折り返し、泳ぐ・・・

100m×2本+水中ウォーキング。行ったり来たり、息切れするくらい(笑)

2016DSC05478.jpg

ひと泳ぎしたら、ジャグジーで、ブクブクブクブク..。o○ …の、繰り返し。

        2016DSC05485.jpg

マンダリンオリエンタルホテルのプールです。




後半は、トランプタワーから、マンダリンオリエンタルホテルに移りました。

ここもトランプタワーと同じく、、近年新しく出来たホテル群の中の一つで、

ホテル街の中で唯一、部屋にヨガマットが常設されていて、ホテル内にはヨガスタジオがあったことから、選びました。

メイン通りのホテル街にある中では珍しい、カジノが設置されていないホテルで、静かに落ち着いて滞在できるという特徴もあります。

         2016DSC05423.jpg

ヨガやピラティスのクラスも開催されていて、活用させて頂いておりました

2016IMG_4369-1.jpg

プールの横に、ジムやエステ、ヨガスタジオが併設されたスペースがあり、

2016IMG_4370-1.jpg

景色よく、気持ちの良い空間で体を動かすことができます。

2016IMG_4374-1.jpg

吸ってー吐いてー

2016IMG_4376-1.jpg

吸ってー吐いてー

2016IMG_4378-1.jpg

吸ってー、吐いてー





ヨガやピラティスのクラスは、予約制で、

宿泊者は無料、外部の方も35ドルで受けることができるようになっています。

2016IMG_4396-1.jpg

ヨガを受ける気満々だったのですが、ちょうど私が滞在していた数日は、ヨガクラスが無く、

ピラティスにチャレンジです。

2016IMG_4363-1.jpg

器具を使うタイプのレッスンで、私は初めての体験でした。

最大6名まで。男女ともに参加可能。私が参加した時は、ホテル宿泊者の女性6名でした。

これが楽しくて楽しくて

2016IMG_4365-1.jpg

足をココにおいて、肩をココに置いて、手でこのゴムを引っ張って、バネで負荷を調節してと、言われるがままに、さまざまな動きをしていきます。

お腹も足もプルプルプルプル・・・効きます~

腹筋を使うとき、肩に力が入らないよう器具が補佐してくれますし、お尻を乗せている部分がスムーズに動くので、遊具で遊んでる感覚で、気持ちよく動けます。

楽しい~

・・・ふと思ったのですが、私、道具を使って動くことが好きなのかもしれません

2016IMG_4366-1.jpg

全然正しい姿勢になっていませんが・・・

先生も30代くらい?(私より若いのは確か)の女性の方で、優しく丁寧に指導してくださり、

写真も撮りましょうか?と

もっと受けたかったです。

器具を使うピラティスは、とても良い体験でした。この感覚、ヨガでも活かせそう




余談になりますが、経由したサンフランシスコ空港にも、ヨガルームが設置されています。

2016DSC05610.jpg

クラスが行われているわけではないのですが、朝5:00~夜11:30までスペースが解放されていて、自由に使えるようになっています。

ちょっと覗いてみたら、インド人の女性の方が、ヨガマットを敷いて前屈していらっしゃいました。

ちゃんと活用されていますね~。

ヨガが日常のあらゆる場面に、当たり前のように取り入れられていることを感じる一コマでした。





2016/07/20 | 13:00
ラスベガス 2016コメント:0

 2016年8月スケジュール 

広島も、海の日に、梅雨明けが発表されましたね。

いよいよ夏本番です

週間天気予報で、30度超えの晴れマークが続いているのを見て、ひょえーっと思いましたが・・・

、満喫していきたいです


ーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、8月のクラススケジューのお知らせです。


①8月6日(土)は外部セミナーへ出張の為、 自宅クラスはお休みです。
 代替えクラスとして8月7日(日)10:30~ヨガベーシックを開催させて頂きます。

②エアリアルヨガクラスは、隔週、不定期開催の日もあります
  スケジュール表にてご確認ください。
  また、グループでのご予約される方も多いので、スケジュール以外の時間帯でもお受けしております。
  まずは、お気軽にご相談ください。
 

どうぞよろしくお願い致します。



 →HPスケジュール画面


クリックすると拡大されます。

2016年8月スケジュール


2016/07/19 | 13:05
最新のお知らせコメント:0

 ラスベガス’2016 前編(過ごし方) 

毎日の蒸し暑さに、スイカが美味しくてたまりません

スイカばかり食べている今日この頃です


ーーーーーーーーーー


さて、ようやくラスベガスの写真を開きました。

日常に戻り、薄れかけていた旅の余韻がまたふと蘇ってきます

2016DSC05449.jpg

今回は、絶叫マシーンなどのアトラクションに乗りまくる、、、のではなく…

DSC05546-1.jpg

一攫千金を夢見てカジノに明け暮れる、、、のでもなく…

2016DSC05445.jpg

プールで過ごしたり、ヨガしたり、

食べたり、ショッピングモールをプラプラしたり、

お昼寝したり、ショーを見たり・・・

ゆっくりと、あまり時計をみない時間の過ごし方をしていました

(時間を気にせず気ままな私に対して、旦那さんはきっちり計画的で、時計係りになっていましたが

2016DSC05382.jpg

写真は、最初に泊まっていたトランプタワーのプール。

ほぼ毎日、プールで泳いでました

       2016DSC05379.jpg

実は、初めてラスベガスに行ったのは15~16年くらい前で、

今回6回目の滞在になるので、

あっちこっち観光、散策するというより、必要なことだけ、後はのんびりと、という感覚で過ごておりました。

とはいえ、8年ぶりだったので、新しい高層ホテル郡も、絶叫マシーン、アトラクションも、

レストランも、ショッピングモールも、更に派手に、更に進化し、増えていて驚きです。

どこまで巨大化するのでしょう。これらを創り出している人のエネルギーって計り知れません・・・。




トランプタワーのすぐ前にある、ファッションショーモールでは、

無くなった(?)と思っていた物欲が、復活しました(笑)・・・昔の勢いほどではありませんが。うふふ。

Saks Fifth AvenyeやNORDSTROM、Macy’sなど、デパートだけでも5つ入っていて、全店舗数240ほどと、ここも1日では回りきれないほど、巨大なショッピングモール。

ちょうど、年に2回のBig Saleの時期であり、なおかつ久々の円高だったものだから、

すっかり戦闘モード

縦横無尽に駆け巡り、買い替えたかったもの、探していたものをハンティング

心躍りました

2016DSC05358.jpg



ホテル街からはちょっと離れた場所にあるプレミアムアウトレットノースでは、ヨガウエアルルレモンのSaleを目指して

ヨガウエアやグッズに関しては、やはりUSAの方が種類も、数も多く、お値段も安くて、充実してるな~と思います。

特にヨガやフィットネスインストラクターの方は、

ルルレモンのお店でインストラクター登録をすると、15%offで購入できます。

今回はプロパーではなく、アウトレットだったので無理かな?と思ったのですが、sale品も対象でした。

sale品の場合、日本のプロバーやバイマ価格の4~6割安くらいになるので、

ほぼヨガウェアで過ごす日々、大変助かります~。

※ 登録したのは、5年前くらいですが、その時は、プロパーのお店で、全米ヨガアライアンスの資格証、もしくはスタジオHPの自分のプロフィール写真など、インストラクターをしているという何らかの証明をお店に提示したら、その場ですぐ手続きしてくれました。


2016DSC05363.jpg


ラスベガスは、毎日いいお天気で、カラっとした暑さなので、日本の蒸し暑さより過ごしやすいと思ったのですが、

日中は40℃になるので、日差しは刺すように痛いです。

その対策として、街中の道路やショッピングモールでは、あちこちに霧の噴水が設置されていました。

が、信号待ちの時などは、ちょっとの間でも、鉄柱の細い日陰さえ逃さず、日よけ代わりです。




毎度お馴染みのホールフーズも、楽しみの一つ。

2016DSC05510-1.jpg

ラスベガスの場合、ホテル街からちょっと離れた(車で10~15分くらい)「タウンスクエア」にあるのですが、その分、観光客も少なく、品揃えも良い感じでした。

オーガニックスーパーなのに、食品だけでなく、ヨガウエアや、ヨガマット、ブロックやヨガベルトなども、充実しているのはすごいな~と思うところです。

ヨガスタジオも、調べると、ホテル近郊の街にいくつかあります。

今回は、そこまでは足を運べなかったのですが、

ラスベガスも、ヨガの環境は充実しているな~との印象でした。



2016/07/17 | 21:55
ラスベガス 2016コメント:1

 陰ヨガTTC 

1週間クラスのお休みを頂き、ありがとうございました。

7月6日(水)から、通常通りクラスを再開させて頂いております。

蒸し暑い毎日ですが…

ヨガのひと時が、暑さからのストレスに負けない心身を養い、気持ちの良い時間になることを願っております。

-----------------------


さて、お休みの間は、ラスベガスに行っておりました



ヨガをしていると、

そこは一見ヨガとは相反する(?)

何一つ自然ではない(?)

お金と物、人の欲望が形となって現れた街、というイメージの場所ですが…



その通り(笑)

ためらいなく極めていて

逆に、人の創造力、それを生み出すエネルギーってすごいな~と感心する街でもあります。



その中でもヨガを受けること、

シルクドソレイユを鑑賞することを楽しみに行きました。

結果的には、ヨガではなくピラティスを受けることになったのですが。

いろんな角度から、良いインスピレーションを頂き、

また2016年後半も、頑張ろうーと、

ワクワクとした、やる気が湧き上がる感覚を得て帰国しました。(我ながら単純です ^^;)


--------------------


そんな気持ちのまま、

今日は、ゆきお先生の「陰ヨガTTC」を受けて参りました



以前から、ブログを拝見させて頂き、

その内容は、いつも考えさせられるもので、

いつか直接お会いして、お話しを聞きたいな~と思っていました。

そんな中、今回、広島で開催されることを知り、

私にとって、まさにその時!

迷う事なく、参加を決めました。

(その為、土曜クラスを日曜に代替えさせて頂いております。調整させて頂きました皆さま、ありがとうございます。)



陰ヨガTTCと言っても、ゆきお先生のお話しは、

全てのヨガに通じるもので、

シヴァナンダヨガアシュラムでの講話で聞いていた内容とも同じ、

哲学も解剖学も濃く、

わかりやすく、面白く、

楽し過ぎて、興奮しました(笑)

どんな質問にも、ロジカルに、答えてくださるので、

まるで霧が晴れていくように、

私の中の曖昧な知識や、ぼんやりした疑問、一度聞いてるけど、忘れていたことなど、どんどん明確になり、繋がっていきます。

視界が広がっていく気持ち良さ。



1ヶ月に1回のペースで、全4回あるので、まだ今日はほんの一部でしたが、

しっかり咀嚼しながら、自分の中に落とし込み、

皆さまにも、ぜひお伝えしていきたい内容です。



ゆきお先生のブログ、よろしければ、皆さまもぜひご覧になってみてください。
日常に置き換えたヨガ哲学、面白いです。

SUDARSHANA YOGA




帰国後は、なかなか写真の整理をすることに時間が回らないのですが^^;、ラスベガスの様子も、追い追い、ご紹介させてさせて頂きたいと思っています。



2016/07/10 | 00:54
yogaコメント:0

 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?