welcome to http://intheflow.blog42.fc2.com/

 精進料理塾 3月 

お花見日和も束の間、桜が咲き誇るこのタイミングで雨・・・ 週末も続くようですね…

ちょうどお天気も良かった先週末に少しだけ、旬のお料理とともに桜を楽しむひとときを持つことができました

2015IMG_3278-1.jpg

普門寺で行われた精進料理塾。
桜の季節は、絶対参加しよ!!と、決めていたんです。うふっ
ソメイヨシノは咲き始めでしたが、境内のしだれ桜はみごとに満開でした。

2015IMG_3296-1.jpg

メニューは、やはり春のお野菜を使ったお品。

2015IMG_3279-1.jpg

タケノコご飯。
下ごしらえが面倒だな~と思ってしまいますが、旬のものはやはり美味しいですね~。

2015IMG_3282-1.jpg

建長寺から由来があるとの一説もある(いろんな説があるそうですが)けんちん汁。

2015IMG_3284-1.jpg

タケノコや大根の皮などお野菜を入れ、水きり豆腐と混ぜて揚げる飛竜頭。

2015IMG_3285-1.jpg

一緒に、たらの芽も素揚げし、添えます。

2015IMG_3293-1.jpg

マスタードドレッシングは、菜の花とイチゴのサラダ用。

2015IMG_3290-1.jpg

2回目の今回は、お作法にも少し慣れ、前回とはまた違った感覚を楽しんでいる自分に気がつきました。
桜を愛でながら、静かに一口一口を味わい感じ尽くすひととき、いいものですね

2015IMG_3295-1.jpg

忙しい時ほど「敢えて」静かに自分に向き合う時間を作ってみる、なかなか難しいことですが、大切だな~と思います。
精進料理のお作法も、そしてヨガも、その大切さに気付かせてくれます。


スポンサーサイト
2015/04/03 | 19:56
culture lessonコメント:0トラックバック:0

 Raw Chocolate WS 

精進料理に続いて、もう一つ興味ある分野、ローフード(Low Food)のチョコレートWS@honohono(廿日市)参加してきました

ローチョコは、アメリカ滞在中も、いろいろ食べ比べたりしていたのですが、
honohonoのchaoちゃんが作る「Jewewlry Chocolate」を頂いた時、その美味しさに感動しまして
そのレシピを教えて頂きました 本当に嬉しい♪chaoちゃん、ありがとう!

IMG_3108-1.jpg

ローチョコの詳細や、普通のチョコとの違いについては、こちら!(他人任せ 笑) NEVER

下の写真は、カカオニブ(左)と、ローチョコの原料となる、Lowカカオ(真ん中)、Lowカカオバター(右)。
カカオニブは、フットボールのようなカカオをそのまま砕いたものだそう。まさにチョコのクランチで、カカオの風味が濃く、砂糖は入っていないにも関わらず、十分美味しいです。
カカオバターは、チョコの香りですが、味はありません。口の中ですーっととろける感じ。食感がチョコ。

IMG_3093-1.jpg

ローカカオバターを、湯せんで溶かし、
(LowFoodの理論で作るので、酵素が壊れないよう48℃以下で全て調理します)

IMG_3095-1.jpg

ローカカオパウダーを入れて、よ~く混ぜます。
作っている間中、カカオのいい~香りに包まれ、幸せに満たされます

IMG_3096-1.jpg

これをそのまま固めると、なめらか~なチョコに。市販のチョコとはやっぱり違う!!
IMG_3098-1.jpg

今回は、トッピング付きのジュエリーチョコなので、まず砕いたアーモンドを加え、型に流します。
鏡のようにピカピカ。顔が映るくらい。

IMG_3100-1.jpg

更に好みのトッピングを置いていき、冷蔵庫で固めれば、出来上がり。キレイ~

素材も作り方もシンプルなだけに、簡単と言えば簡単なのですが、
細やかなポイントがいくつもありました。なるほど~。

IMG_3103-1.jpg

こちらは、「カシューショコラ」ドリンク。もちろん、Lowです。
これがまた絶品
IMG_3109-1.jpg

人は、褒められた時など、脳内に幸せを感じる「アナンダマイド」という物質が分泌されるそうなのですが、
カカオにもアナンダマイドが含まれているんですって。チョコを食べると幸福感を感じるのは、その為でしょうか^^
ちょっとの量で、幸せいっぱい(笑)
逆に言うと、とても濃いので、たくさんは食べられません。

IMG_3111-1.jpg

Lowとなると材料自体がとても高価なものなので、なかなかたくさんは作れませんが…^^;
皆さんにも、幸せのお裾分けできたらいいな~ ちょびっとずつになりそうですが…^^;
お家でもぜひ作りたいと思ってます♪


2015/01/29 | 21:44
culture lesson

 精進料理塾 1月 

週末、広島市中区大手町にある普門寺さんで行われている「精進料理塾」に参加してきました
教えてくださるのは、副住職の吉村昇洋さん。
臨床心理士でもいらっしゃり、お寺でのイベントのみならず、テレビ、ラジオのご出演や、書籍の出版、雑誌などへの執筆など、幅広くご活躍されていらっしゃいます。
第1回目の酒蔵ヨガの時、講師としてご一緒させて頂いたのが、最初のご縁でした

IMG_3090-1.jpg

今回のメニューは、
●ルクルーゼで炊くご飯(三次の横谷米こしひかり)
●お吸い物(舞茸、豆腐、わかめ)
●大根ステーキ 梅に鶯
●お餅の白菜ロール
●大根の塩レモン漬け

精進料理とは…、=お坊さんが食べる動物性のものを使わない野菜料理、くらいにしか知りませんでしたが、
それはほんの一つの側面でしかないそうです。

精進料理とは、お料理を丁寧に作り、食材の扱い方、調理方法、食べ方など、決められたルール「作法」にのっとり食事をとることを通して、自分の心と体に向き合い、今この瞬間瞬間の行いを見つめ過ごす、修行の一つとしての「食事」のこと。
なので、フレンチ、イタリアン、中華、といったカテゴリーに並ぶ、お料理の種類というわけではなく、どちらかと言えば食事法=「行い」のことなんだそう。
まさに「ヨガ」と同じ道だと思いました。

おっしゃる通り、その作法から、本当に本当に多くの気付きがありました。

----------------------------------

調理は、まず「葦駄天」さまに手を合わせ、お経をあげてから始まります。

最初は、ご飯を炊くところから。
今回は、三次の「横谷米こしひかり」の精米仕立てをご用意してくださっていました。
お米を傷つけないよう、手首に近い手の平で、お米の表面を軽くこそげるように研いでいきます。
お米を研ぐだけでも、いろんなポイントが満載。中には、知っていたことなのにすっかり忘れて、実践できていなかったこともあり、改めて見直す良いきっかけになりました。
お米はやはり、ほぼ毎日食べるものですら、美味しく頂きたいものですね。

IMG_3069-1.jpg

米ぬかで、大根ステーキ用の大根を湯でながら、白菜ロールを作っていきます。

IMG_3070-1.jpg

白菜ロールの中味は、桜塩豆餅とお揚げ、金時にんじん。

IMG_3072-1.jpg

ルクルーゼでご飯を炊き、白菜ロールを煮、大根の表面に片栗粉をまぶし焼きます。
途中、茹でて焼いただけの大根や、お出汁を味見させて頂いたのですが、それだけですでに美味しい!!!
調味料無くても十分です

IMG_3080-1.jpg

盛り付けも美しく。
白菜ロールは、さくら塩豆の塩気と、お揚げのコク、そして優しいお出汁のとろみ餡が、絶妙でした。

IMG_3084-1.jpg

大根には、たたいた梅と鶯に見立てたわさび。これが合う合う。大根の甘みを引きたててくれていました。

IMG_3088-1.jpg

精米仕立てのご飯もピカピカに炊きあがり、その甘み、旨みを堪能しました。

IMG_3087-1.jpg

食事の前に、箸袋に書いてある「五観の偈」と言う、いわゆる食事をとる時の心構えを皆で読みあげます。
この食事が、多くの方の支えによって頂けることを知ることが大切であること、そして自分はこの食事を頂く資格があるか、自分の行いを問い直してみること、自分の中の貪欲さ、怒り、無知を知り、向き合うことが大切であることなど(まだありますが…)の意味合いが書かれています。
人は、当たり前のことほど意識が離れ、忘れがちである為、常に心に留めておけるよう、毎食読み上げるのだそう。
なるほど…。

IMG_3091-1.jpg

食べる時は、箸の扱い方、食器の扱い方の作法にのっとり、食べ物を口に入れたら、一旦箸を置き、手をお膝に置き、しっかりと咀嚼し味わいます。
おしゃべりをしてはいけません。
5分ほど、その作法をしっかり守り、自分に向き合いながら食べ、その中で何を感じるか、という時間をもちました。
その後は、皆さんでおしゃべりしながら、食べて良いですよ、と副住職がおしゃってくださり、
感じたことを皆でシェアしながら、楽しく頂いたのですが。

最初は、お箸の扱いすら難しく、思うように食べられませんでした(苦笑)
そんな中でも、食器を丁寧に扱うことで、そこに意識が集中します。「今」この瞬間の行いに向き合うことに繋がります。
たくさん咀嚼することで、その素材の味わいが、いつも以上に深く楽しめることに気がつきます。
自然と感謝の気持ちが湧き、幸福感に満たされます。
いろんなことを感じました。

その全てが興味深く、面白く、満たされたひとときでした。
副住職の「食材」も一つ一つ命であり、その命とも一期一会なんです、とのお言葉が深く印象に残っています。

また、ぜひ参加させて頂きたいと思います
ご興味を持たれた方、ご一緒にいかがでしょう

詳しくは、こちらをご覧くださいね  精進料理塾

2015/01/26 | 23:08
culture lessonコメント:0トラックバック:0

 バングラディッシュカレー&レモンシフォンケーキ 

20130619-3.jpg


食べ物の話になると、俄然盛り上がる水曜ヨガクラスメンバー
フットワークも軽いです。
以前は、「フムス」というひよこ豆のディップの話で盛り上がり、後日、Sさんがフムスを作ってきてくださり、フムスプチパーティーになりました^^ また違う日は、カレーの話で盛り上がり、カレーを食べにいったり。

今回は、職場で留学生の方と接する機会の多いTさんのご好意で、
先日水曜日、バングラディッシュカレーと、シフォンケーキを作る会が開かれました
午前のヨガクラス終了後、お料理教室に早変わり 

バングラディッシュカレーとレモンシフォンケーキ どちらも
とてもシンプルな材料で、作り方は簡単!そして絶品!!悶えるほどの(笑)美味しさでした


続きを読む
2013/06/20 | 23:45
culture lessonコメント:0トラックバック:0

 お料理教室~初夏 イタリアンでおもてなし~ 

20120522-1-1.jpeg

年に数回開催される、セレブで優雅な「お料理教室」
先日、久々に参加してきました。

自分では、なかなかここまで出来ないのですが
時々ね、こういう雰囲気、こういう感覚を味わうことも必要なんです~私にとって  
リフレッシュであり、癒しであり・・・・今回も、楽しかったです 

テーマは「初夏 イタリアンでおもてなし」
ラベンダー色が、初夏のさわやかさを演出してます。



続きを読む
2012/05/25 | 20:46
culture lessonコメント:0トラックバック:0

 お料理教室 ~お月見 秋のおもてなし~ 

20111005-1-1.jpg
「おもてなしお料理教室」 半年ぶりに、参加してきました

今回のテーマは、『お月見 秋のおもてなし』 (前回は→ミモザ色で春のパーティー

中秋の名月に限らず、この時期はしばらく、お月様がキレイに見えるので、そんな秋の夜長を楽しめるような晩餐のイメージだそう。

キャンドルホルダーや、ワイングラスの黒が、アクセントとなり、素敵ですね~。
お皿の下のトレイを黒にするとぐっと締まり、より秋っぽくなるそうなのですが、まだ初秋、日中は暑いくらいなので、あえてシルバーのトレイを使い、軽さを出しているそうです。なるほど~



続きを読む
2011/10/07 | 23:49
culture lessonコメント:0トラックバック:1

 初級サンスクリット語クラス 初日 

20110715-2.jpg
インド料理スーリアのカレー。 相変わらず、ナンが大きいです(笑)
ベジタブルカレーのリトルホットをチョイス。やっぱり美味しい~
今日は、。サンスクリット語クラスの日だったので、自宅クラス後、一緒に参加する生徒さんたちと、そのまま移動し、ランチしました

今日のクラス内容は、ちょうど「グルプールニマ」といって、「師を讃える満月の日」だということで、「Guru Vandanam」を皆で、ひたすらチャンティング。

「するてぃっすむるてぃぷらーなーな~ん あーらやんかるなーらや~ん なーまーみばがヴぁっぱーだん しゃんからろーかしゃんからん~・・・・続く・・・」

早口言葉のようですが^^ 先生の言うとおりに、復唱しながらついていきます。

最初は、舌を噛みそうなんですが、
だんだん気分が乗ってきて、多少間違ってても(笑)大きな声だしてると、口もなめらかに、気持ち良~くなってくるんですよね~。
皆と声が重なり、エネルギーが一つになっていく感覚も、心地いい。
気がつけば、あっという間の90分 無心に唱えてました^^

チャンティングは、やっぱり好きです 
アーサナの練習後と同じくらい、スッキリ、リフレッシュ、そして心穏やかになれます。

チャイ付なので、クラス後、喉を潤しながらの団欒も楽しいひととき。

来週22日(金)から、いよいよサンスクリット語の読み書きの始まりです。



2011/07/15 | 23:36
culture lessonコメント:0トラックバック:0

 お料理教室 ~ミモザ色で春のパーティー~ 

     __ 2-1
年に数回開催される、お料理教室。
(以前も、アップしたことがあるのですが → 簡単中華でおもてなし
ちょっとした工夫で、いつもの食事が、華やかで優雅なひとときになる・・・そんなお料理やテーブルコーディネイトなどを教えてくださいます。
先生のセンスや感性がとても素敵で、いつもワクワクお料理のみならず、季節ごとに変わる自宅のインテリアも目の保養になるくらい素敵ですし、参加される方もいろんなバックグラウンドをお持ちで、会話の内容も新鮮、五感全てを通して毎回、楽しませていただいています

今回のテーマは、春のお花「ミモザ」をイメージしたコーディネイトでした。



続きを読む
2011/03/10 | 21:33
culture lessonコメント:0トラックバック:0

 こもれみKitchen ~ 9月メニュー ~ 

マクロビ13
月曜日は、nori先生のマクロビオティックのお料理教室こもれみ Kitchenに、
スタジオのRさんと、Mさんとともに、参加してきました

上の写真は、3色おはぎです 見た目もキレイでしょ~~~~~
  9月ということで、お月見メニューでした 

メニューの中味は、




続きを読む
2010/09/28 | 22:55
culture lessonコメント:2トラックバック:0

 A Little Kitchen ~5月メニュー~ 

P1010322.jpg
先日水曜日、自宅ヨガ教室にご参加くださっているSさん、Uさんとともに、井口のお料理教室「A Little Kitchen」参加してきました
ヨガ以外の習いごとに行くのは、本当に久々で。
お料理やテーブルコーディネイトのエッセンスを教えて頂きたいのはもちろんなのですが、miho先生にお会いできることも楽しみにしていました。
習い事って、「学ぶ」ということだけでなく、先生やそこに参加される方との繋がりだな~と感じています。
その場の雰囲気や人、全てから良いエネルギーをもらうことができる・・・それが楽しさの一つだな~と。

5月のメニューは・・・





続きを読む
2010/05/21 | 00:12
culture lessonコメント:2トラックバック:0

 
Copyright © Yoga in the Flow All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?